平岡公彦のボードレール翻訳ノート

ボードレール『悪の華[1857年版]』(文芸社刊)の訳者平岡公彦のブログ

ボードレール『悪の華』韻文訳の試み5――韻文訳「照応(1861年版)」

照応(1861年版)

シャルル・ボードレール/平岡公彦訳
 
 
自然とは一つの神殿。そこに生きる柱たちは、
時折、混迷した言葉を芽生えさせた。
そこを訪ねる人間は、親しげな視線で見守る、
象徴たちの森林のなかを通り抜ける。
 
遠くから響いて混ざりあう長き木霊のように、
夜のように、明かりのように広がる、
暗闇に包まれた深遠な統一のうちに、
香りと、色彩と、音声とがお互いに応えあう。
 
ある香りは、幼い子供の肌のように瑞々しく、
オーボエのように甘く、牧草地のように青く、
――別の香りは、堕落し、豊満し、勝ち誇り、
 
無限の諸事物にも等しく膨れ上がる、
龍涎香や、麝香や、安息香や、薫香のように、
精神と諸感覚との昂りを歌い上げる。
 
 
(2022.5.8一部改訳)

続きを読む

ボードレール『悪の華』韻文訳の試み4――韻文訳「上昇(1861年版)」

上昇(1861年版)

シャルル・ボードレール/平岡公彦訳
 
 
いくつもの沼を越え、谷を越え、
いくつもの山を、森を、雲を、海を越え、
太陽の彼方、エーテルの彼方へ、
星々をきらめかせた天球の果ての彼方へ。
 
わが精神よ、おまえは機敏な動きで進む。
陶然と波間に戯れる泳ぎの名人のように、
おまえは言葉にならぬ雄々しき愉悦とともに、
深遠で計り知れぬ広がりに陽気に軌跡を刻む。
 
飛べ、この病の瘴気のよくよく遠くまで。
行け、上層の空気のなかまで身を浄めに。
そして飲め、純粋な神のリキュールのように、
澄み切った空間を満たしている明るい火まで。
 
靄に包まれた実存を圧する重石となった、
退屈も、広がる憂愁もみな背後に遠のかせて、
幸いなるかな、力強き翼を羽ばたかせて、
光射す晴朗な領野へと突き進んでゆける者は。
 
ヒバリのように思考し、朝が来るたびに、
思いのままに大空へと飛び立ってゆける者は。
――人生の上を滑空し、努力も要さずに、
花々や声なき諸事物の言語を理解しうる者は!
 
 
(2021.11.7一部改訳)

続きを読む

ひどい翻訳の見本――ボードレール『悪の華』堀口大學訳「信天翁(あほうどり)」全文解説

 シャルル・ボードレール生誕200周年を機に『悪の華1861年版)』の韻文訳に取りかかり、前回「アホウドリ」の新訳のために改めて「L’ALBATROS」の原文を読み直した。この詩は初版の1857年版には収録されていないため、しっかりとすみずみまで読んだのは今回がはじめてである。
 

 
 新訳にあたっては、参考にするため既存の邦訳も精読することになる。すると、どうしても過去の翻訳にある間違いや欠陥が目についてしまう。私自身の旧訳でもそうなのだ。以前にも書いたことだが、誤訳はどんな翻訳にもある。だから、以前に書いた記事でも、たんなるミスを執拗に非難したりはしないようにしてきたつもりだ。
 
 しかしながら、悪質な翻訳が存在することも事実だ。堀口大學訳の『悪の華』である。堀口訳には、ただの誤訳とはとても言えない原詩の改竄や、勝手な脚色が無数に存在することは、以前からさんざん書いてきたとおりだ。
 

続きを読む

ボードレール『悪の華』韻文訳の試み3――韻文訳「アホウドリ(1861年版)」

アホウドリ1861年版)

シャルル・ボードレール/平岡公彦訳
 
 
しばしば、気晴らしに船乗りたちは、
海の巨鳥、アホウドリをつかまえる。
こののんびり屋の旅の道連れたちは、
苦汁の淵を滑りゆく船についてくる。
 
船乗りたちが甲板に置いたとたんに、
この蒼穹の王は、不器用で恥晒しに、
その大きな白い翼をオールのごとく、
憐れにも両脇に引きずったまま歩く。
 
あの翼の生えた旅人が、なんと不格好で自堕落に!
先ほどのそれは美しき鳥が、なんと珍妙で醜悪に!
ある者は、スモールパイプでその嘴を苛つかせる、
別の者は、ずり足で、飛んでいた不具者をまねる!
 
詩人は、嵐に出没し、射手を嘲笑う、
この雲上の貴公子に似ているだろう。
地面に巻き起こる罵声の渦中に追い落とされれば、
その巨人のごとき翼が彼の歩みの妨げとなるのだ。
 
 
(2021.8.22一部訳文改訂)

 

続きを読む

ボードレール『悪の華』韻文訳の試み2――韻文訳「祝福(1861年版)」

祝福(1861年版)

シャルル・ボードレール/平岡公彦訳
 
 
至高なる者の力能の命により遣わされる、
詩人がこの退屈な世界に姿を現すに際し、
彼の母親は恐れ慄き、心を冒瀆に満たし、
憐れみ給う神に向け、拳をわななかせる。
 
――「ああ! こんなお笑い種を養うくらいなら、
いっそ絡みあった蝮でも産めなかったものかしら!
あたしの腹がこんな贖いのもとを宿してしまった、
あの儚い快楽の夜など、呪われてしまうがいいわ!
 
あんたが情けない夫から嫌われる女にするために、
あらゆる女のあいだからあたしを選ばれたのなら、
こんなまともに育たない怪物でも、恋文のように、
炎へと投げ入れてしまうわけにもいかないのなら、
 
あたしの身に圧しかかってくるあんたの憎しみは、
あんたが意地悪に使う呪われた楽器に跳ね返して、
この惨めな若木をこの手でそれはよく捩じ曲げて、
ペストを流行らす芽を出せないようにしてやるわ!」
 
かくして、彼女は憎しみの泡を呑み込み、
永遠なる者の企図を理解することもなく、
彼女自身の手によってゲヘナの谷の底に、
母親の罪を罰する火刑台の薪を準備する。
 
けれども、天使の目に見えぬ後見のもと、
この廃嫡の身の子供は太陽に酔い痴れる。
彼はその飲めるものと食せるものみなの、
アンブロシアと真紅のネクタルを見出す。
 
風とともに遊び、雲とともに語らっては、
彼は歌いながら十字架の道に酔い痴れる。
その巡礼の旅路のあとにつき従う精霊は、
森の小鳥のように陽気な彼を見て泪する。
 
彼が愛そうとする人々はみな彼を危惧して見守る。
あるいは、彼の平静さに目をつけて豪胆になると、
いかにして彼の苦悶の声を引き出せるか探ろうと、
彼の身の上で彼らの獰猛さのほどを試そうとする。
 
彼が口にするために出されたパンと葡萄酒にさえ、
彼らの手によって灰と不浄な痰が混ぜ合わされる。
彼が手にしたものは善人ぶりながら投げ棄てられ、
彼の足跡を彼らの足が踏むことさえ過ちとされる。
 
彼の妻は広場から広場へと叫びながら歩いてゆく。
「彼がわたしを崇めたいほど美しいと思うのなら、
わたしは古代の偶像の役目を務めてやりましょう。
同じようにわたしも金箔で飾ってもらおうかしら。
 
わたしは飽きるほど、甘松香も、薫香も、没薬も、
拝跪も、お肉も、葡萄酒も堪能してやろうかしら。
わたしに敬服している彼の心から、神への表敬も、
笑って横取りしてしまえるかどうか知りたいから!
 
そうして、この不敬虔な笑劇に退屈したときには、
わたしの細くて力強い手を彼の胸に置きましょう。
するとハルピュイアの爪みたいなわたしの爪には、
彼の心臓まで道を切り開けるのがわかるでしょう。
 
そしたら、ぴくぴく震えるまだ幼い小鳥のように、
真っ赤な心臓をわたしは彼の胸中から抉り出して、
わたしのお気に入りの獣を満腹にしてやるために、
地面に投げ棄ててやりましょう、侮蔑を込めてね!」
 
その目に光り輝く玉座が映る天に向かい、
晴朗なる詩人は敬虔な両腕をさしのべる。
その明晰な精神の発する広範なる閃光に、
怒り狂える民衆の様相など覆い隠される。
 
――「祝福あれ、神よ、あなたが与え給う苦しみ、
それこそは、私たちの不浄さを癒す神の薬であり、
そしてまた、強き者たちに聖なる愉悦を準備する、
最も優良にして最も純粋なる本質でもあるのです!
 
私は知っています、あなたが詩人に約し給う座は、
聖なる軍団の至福者の隊列に取り置かれることを。
そしてまた、あなたが私を招き給う永遠の祝祭は、
座天使力天使主天使たちが席を連ねることを。
 
私は知っています、痛みとは唯一の精神の高貴さ、
地上も地獄も決してそれを蝕むことはできないと。
そしてまた、私の神秘の冠を編み上げるためには、
あらゆる時間と宇宙に貢納を課さねばならないと。
 
しかしながら、あなたの手により取り集められる、
古代パルミラの失われた宝石や、未知なる金属や、
海底の真珠をもってしても、まばゆいほど澄んだ、
その美しき王冠を飾るには充分ではないでしょう。
 
なぜならば、原初の光線の聖なる源から汲まれる、
純粋な光でしかその王冠は作りえないのですから。
死すべき者の眼は、くまなく光り輝いても及ばず、
それを翳らせて苦悶する鏡でしかないのですから!」
 
 
(2021.9.12一部訳文改訂)

 

続きを読む